img_02

気になる交通事故の慰謝料について

ある日突然予期せぬ交通事故に遭ってしまい被害者になってしまったら、一番最初に気になるのが慰謝料の存在です。
交通事故で負ったケガはもちろんのこと、精神的な苦痛に関しても支払いの義務があるようです。

まずは交通事故に影響で完治しないまま、後遺症が残った場合の機能障害や神経症状に関する後遺障害慰謝料です。これらの後遺症には主にむち打ちや手足のしびれなどといった症状があります。

NAVERまとめの専門サイトのココです。

それぞれの後遺症の症状の度合いや日常生活への支障などを考慮した上で、具体的な賠償金額を査定していくようです。
次に医療機関への入通院慰謝料というものがあります。


これは交通事故で入退院を強いられた際の、被害者の受けた身体的かつ精神的な損害を賠償するものです。

この交通事故の慰謝料はとても人気があり、興味深いです。

具体的な賠償金額については入退院をした期間と、ケガの状態などをトータルで考えて決められるようです。

そして3つ目が死亡慰謝料です。

これには被害者が死亡した際に亡くなった当人に支払う分と、その遺族に対して支払われる金額に分かれます。

また主人や奥様・子供や高齢者など家族の中で、どの立場に属する方が亡くなったかによっても賠償金額が変わってきます。このように交通事故に遭った場合の慰謝料については大きく分けてこの3つに分類されます。また賠償金額を査定するための計算方法には保険業界が定める相場と、弁護士業界が提示する算出方法があります。



万が一の際に少しでも損をしないためには、日頃からこのような知識を身につけておくことが大切です。