車検が緩やかになってコストダウンしてきています

以前は少しでも変更すると違法改造と言うことになり、車検が通らないのが基本でしたが、それはもうかなり過去のことです。
今は一定の基準の下でドレスアップを楽しむことの出来ようになっています。



まずグリルガードやフォグランプなどの特定の部品は全長や全幅が変わっても改造車として登録する必要がなくなっています。
またサスペンションのスプリングなどの交換で全高や最低地上高が変わったときも一定の基準を満たせば、改造を登録する必要がなくなりました。

これやの制度によりドレスアップやチューンナップのうちかなりのものが特に構造変更検査する必要がなくなり、車検もそのまま通るようになったわけです。

以前は同じ部品でも社外品を使うだけで問題視されることもありましたが、今では純正品でない社外品での整備は当たり前のものとなりそういう意味でも車検の際の様々な緩やかな運用はユーザーにとって大きなメリットとなっています。


このことはブレーキなど重要保安部品でも社外品の利用が増えることにつながり、コストダウンに繋がっていますし、実は多くの社外品は純正品を製造しているメーカーが作っているので必ずしも品質の低下に繋がっていないので、安心して利用できるものが多いです。



しかし一部に品質面で問題がある部品も出回っているようなので、素人目には中々判断しにくくなっている面もあります。



不安があるのなら純正部品、使用実績に問題がないなら社外品と整備工場も使い分けているようです。